京都で迎える正月の準備をする中坊進二


今でこそ、正月でもスーパーやコンビニが開いていますが、
昔は、正月と言ったらどこもお休みでした。
それゆえ、正月になる前に食材を買いだめしておくのは、
よくある風景でした。
郵便局も閉まるので、中坊進二はよくダッシュで向かったものです。

京都の東寺にて「終い弘法」が行われました。
これは毎年12月21日に行われる市場(縁日とも)みたいなもので、
正月に必要なものから日用雑貨、記念品、
そして、お祭りで定番の屋台まで出展されています。
今回は実に1200ものの露店が並んだそうです。
東寺のどこにそんな敷地があるのかと、中坊進二は首をかしげています。
なお、弘法は空海のことで、東寺は空海に縁のある寺になります。

この日は、京都中から正月用のカズノコや門松を求めて、
雨にも関わらず多くの方が集まりました。
ちなみに、東寺でのこうした市場は毎月21日に開催されています。
平日でも普通に開催されますので、
中坊進二は機会が会えば、よく見に行きました。

今は逆に、正月と言ったら、かきいれどきです。
繁忙期のひとつとして、どのお店も多くの客を招いています。
少なくとも、京都のチェーン店や大型店であれば、
正月に休むことはありません。
京都駅前のデパートには、大勢の人が福袋を求めてやってきます。
中坊進二はそうした福袋を買いませんが、
きっとお得なものが入っているんですね。
ちなみに、生まれて初めて買った福袋には、
携帯テトリスが入っていました。
たまごっちが世に登場する前の話になります。